省エネ業務用エアコンを導入するなら、リースで導入するのが最適!

業務用エアコンには、色々なものがありますが、最近では省エネ業務用エアコンが非常に人気です。
業務用エアコンは、店舗やオフィスなどで使用しますが、家庭用と異なり使用する時間が長くなります。
そのため、どうしても毎月の電気代が高くなってしまいがちです。
≫ 『省エネ業務用エアコンを導入するなら、リースで導入するのが最適!』

初期費用がかからない点は似ている!業務用エアコンをリースで導入する場合とクレジットカードの分割払いで購入する場合の違いについて

業務用エアコンは何かとお金がかかるものです。
そのため、なんとか安く、あるいは初期費用を抑えて導入したいと考えている人が多いでしょう。
初期費用をかけずに、業務用エアコンを導入する方法として知られているのが、リースで導入するという方法とクレジットカードの分割払いで購入する方法があります。 ≫ 『初期費用がかからない点は似ている!業務用エアコンをリースで導入する場合とクレジットカードの分割払いで購入する場合の違いについて』

業務用エアコンを導入するなら管理が楽なリースで導入するのがおすすめ!

暑さや寒さを耐えるためには、業務用エアコンが欠かせません。
また、業務用エアコンが設置されていないと、自分自身だけでなく、従業員やお店に来てくれるお客様、会社であれば来客に大きな迷惑をかけてしまうことになります。
≫ 『業務用エアコンを導入するなら管理が楽なリースで導入するのがおすすめ!』

業務用エアコンを長く利用するなら、日立のリースで導入するのがおすすめ

業務用エアコンを長く利用したいと考えているのであれば、日立のリースで導入するのがおすすめです。
日立の業務用エアコンのリースは最長10年間の契約を行うことが可能となっています。
10年契約にすれば、料率も低くて済みますし、月々の負担額も少なくて済みます。
≫ 『業務用エアコンを長く利用するなら、日立のリースで導入するのがおすすめ』

業務用エアコンを初期費用0円で導入する方法はあるの?リース契約ってどんなもの?

業務用エアコンの導入を躊躇してしまう理由の多くは、導入するための資金不足ではないでしょうか?
業務用エアコンは家庭用と異なり、機器の購入、設置に多くの費用が必要となります。
そのため、業務用エアコンを導入するための費用を準備することができずに、導入を諦めてしまうというケースが少なくありません。 ≫ 『業務用エアコンを初期費用0円で導入する方法はあるの?リース契約ってどんなもの?』

業務用エアコンを初期費用0円で導入するなら、リース、ビジネスローン、クレジットカード払いのできる新空調が最適!

業務用エアコンのイメージというと、どのようなイメージを持っているでしょうか?おそらく多くの人は、「初期費用にかなりの費用が必要!」、「導入するのには、まとまった資金を準備しておかないとダメ!」などというイメージが強いのではないでしょうか?
≫ 『業務用エアコンを初期費用0円で導入するなら、リース、ビジネスローン、クレジットカード払いのできる新空調が最適!』

業務用エアコンをリースで導入する魅力について

業務用エアコンを導入する方法には、様々な方法がありますがその中でもとくに、人気の方法が、「リース」で導入する方法です。

業務用エアコンをリースで導入するのには、様々な魅力があると言われていますが、具体的にどのような魅力があるのでしょうか? ≫ 『業務用エアコンをリースで導入する魅力について』

業務用エアコンをリースで導入するなら新空調

業務用エアコンを導入したいけれど、なかなか導入できていないという人いませんか?
業務用エアコンがなかなか導入できない原因は、ズバリ「費用」です。
業務用エアコンは家庭用と異なり、1台導入するだけでも、業務用エアコン本体とその取り付け工事費用で少なくても30~50万円の費用がかかります。

もちろんこの金額は一般的な業務用エアコンの場合ですので、機種や業務用エアコンの能力などによってはそれ以上の金額になってしまうということもあります。
初期費用にそれだけのお金をかけて導入するのは厳しいと考えている人が多いでしょう。

この問題を解決するのに、役立つのが業務用エアコンをリースで導入するという方法です。
リースは、簡単に言うと自分が導入したい業務用エアコンをリース会社に代わりに購入してもらい、毎月リース代を支払うことでその業務用エアコンを一定期間貸してもらうという契約のことです。

このリースがなぜ問題の解決になるのかということですが、その理由は初期費用がかからないからです。
業務用エアコンを購入する場合には、業務用エアコンの本体の費用と設置費用が必要になります。
しかし、リースでは、業務用エアコンの本体価格はもちろんですが、多くの場合設置費用についてもリース契約に含めることができるので、初期費用がかかりません。

毎月最初に決められたリース代だけを支払えばよいので、最初に大金を準備する必要もないので、導入しやすくなっています。
さらに、リースの中には修理保証の付いている契約もありますので、突然の故障の際にも安心です。
そのため、業務用エアコンは購入するよりもリースで導入する方がお得であると言えます。

リース契約をするには、リース会社とリース契約を行う必要があります。
また、このリース契約については、事前に審査があり、この審査に通過しなければリース契約をすることができません。

リース契約についてですが、リース契約をしたいという場合には、リース会社やメーカーに直接申し込みを行うのではなく業務用エアコンの販売店が窓口になっています。

新空調では、すべてのメーカーのリース契約の窓口となっていますので、リースで業務用エアコンを導入したいと考えている場合には、新空調にご相談ください。
リースに関してわからない点などもアドバイスすることができますし、申込書の記入方法などについてもアドバイスすることができます。

業務用エアコンの導入で悩んでいるという方はぜひ、新空調にお任せください。

業務用エアコンのメンテナンス術

厨房に設置する業務用エアコンについて
夏の過酷な暑さを考えると、厨房には絶対に業務用エアコンが必要になります。厨房はどうしても火を使うことになりますので、熱源があり業務用エアコンがないと熱中症などになってしまう恐れがあります。

しかし、厨房の場合には一般の店舗やオフィスに設置する業務用エアコンでは対応出来ないケースがほとんどです。厨房に設置するのに適しているのは、油や熱、煙、錆などに対応しているものである必要があります。普通の業務用エアコンではすぐにフィルターがダメになってしまいます。

つまり、厨房に業務用エアコンを設置する場合には、耐油、耐錆性のあるものを選ぶのがおすすめということになります。普通の業務用エアコンでは油汚れなどによって汚れてしまう、錆るということが予測されます。厨房に設置する業務用エアコンの場合には、必ず価格だけで決めるのではなく油や錆に強いかどうかという点に着目して選ぶようにしてみましょう。そのような点に着目して選んで導入することで、夏の過酷な環境を乗り切ることが出来るでしょう。

機種や機能については、各メーカーのホームページの製品情報で確認することが出来ますので、チェックしてみましょう。

業務用エアコンの掃除を楽にするなら自動昇降機能
業務用エアコンの掃除をしようと思っても、なかなか出来ないなんてケース多いですよね。それは、業務用エアコンが高い位置についている場合が多いからです。高い場所についていると掃除するために、脚立を準備しなければならないですし、脚立を使っての作業は転倒の恐れもあるので、出来るだけ避けたいというのが本音でしょう。

そんな時に、便利なのが自動昇降機能がついているタイプの業務用エアコンです。この自動昇降機能とは、一定の高さまでフィルターが降りてくるので、とても掃除が楽です。脚立を使う必要もなく、簡単にフィルターの掃除をすることが出来ますよ。安全性という意味でも魅力的です。ぜひ、チェックしてみましょう。

業務用エアコンはフィルター掃除が重要
業務用エアコンを使用する際に、覚えておきたいポイントがあります。それが、フィルター掃除の重要性についてです。これを行うことで、清潔な状態を保つことが出来るという他、電気代の節約にもつながると言われています。逆に、何年も業務用エアコンのフィルターを掃除しないで放置していると、冷房や暖房の効きが悪くなるだけでなく、業務用エアコンの寿命を縮めてしまうということにもつながります。フィルターについては、専門の業者に依頼をするという事も出来ますが、自分で掃除をすることが出来るという場合が多いです。定期的にフィルターをチェックして汚れを綺麗に取り除いてみましょう。フィルター掃除はメリットがいっぱいです。

業務用エアコンを使う時には試運転が重要
業務用エアコンのトラブルが起きやすいのが、使用頻度が多くなる夏場です。夏の暑い時期に業務用エアコンが動かないと大変です。とくに、オフィスや店舗などで使用する場合には、業務効率の低下や売上の減少などにも繋がる恐れがあります。そのようなトラブルを防ぐためには、夏に使用する前に試運転を行い問題がないかどうかをチェックしておくようにするのがおすすめです。
ずっと使っていなくて、いきなり使うとトラブルが起きるという可能性が高まります。試運転を行い、問題がないことを確認してから使うようにしましょう。また、試運転時に何か問題があるという場合には、出来るだけ迅速に業者に見てもらうようにしましょう。

業務用エアコンはレンタルよりもリースの方が絶対におすすめ!

業務用エアコンを店舗やオフィスに導入する方法には、新規で購入するという他に、レンタルやリースで導入するという方法があります。
新規で購入して導入するとなると、かなりの費用を準備しなければならないため、金銭的な負担が大きくなってしまいます。 ≫ 『業務用エアコンはレンタルよりもリースの方が絶対におすすめ!』

業務用エアコンは、初期費用不要、故障時も安心の日立のサポートリースが断然おすすめ!

業務用エアコンに関する不安で、多いのは初期費用がかかる、故障した時の修理費用が心配というものです。
業務用エアコンは購入する際には、業務用エアコンの本体を購入するためのお金とそれを取り付けるためのお金が初期費用としてかかります。 ≫ 『業務用エアコンは、初期費用不要、故障時も安心の日立のサポートリースが断然おすすめ!』