〜蜜柑畑の立地条件〜

仁尾町は、香川県西部にある小さな町です。(下記地図、印)

 20数年前には、【日本一日照時間が長い】ことからに
太陽熱試験発電所が建設され、太陽博が開催されました。

 中でも曽保地区銅釜は、因島と石鎚山を望む南西に位置する為、
夕方燧灘に太陽が沈む瞬間まで、日を浴びています。
 そのひと際長い日照時間と浜風で美味しい蜜柑になります。


上の写真は、我が家の果樹園のようすです。
段々畑に柑橘種・枇杷を植えて栽培しています。
山なのですが、目の前には海が広がる独特な立地です。
 
畑の土壌は、細かい花崗岩です。
これもまた、美味しい蜜柑を作る条件の1つです。




トップページ