おすすめの業務用エアコン

HOME » 業務用エアコン比較 » おすすめの業務用エアコン

おすすめの業務用エアコン

業務用エアコンは様々なタイプの形がございます。
その中でも用途やお部屋の広さに合わせて選んでいくようになります。
それでは用途別におすすめの業務用エアコンを見てみましょう。

ホテルやレストランなどにおすすめの天井埋込ダクト形。
ホテルやレストランなど高級感あふれる空間では、あまりエアコンが主張してしまうとイメージが壊れてしまいます。
そのため大きなエアコンの本体を天井の中に埋め込み、風の出る吹き出し口吸入口だけを天井に出してくるタイプがおすすめです。
吹き出し口だけですので天井に設置した見えている部分も薄いので、エアコンが主張しすぎないところが重厚な空間にピッタリです。

また室内に柱が多いレストランやパテーションで区切られているようなお部屋にはダクト式業務用エアコンがおすすめです。
このエアコンは本体は天井に、吹き出し口は本体と別の場所に設置しますので仕切られているようなお部屋でも全体を適温にすることが出来るのです。
半個室隠れ家的レストランなどにも利用されております。

床置き式の業務用エアコンは、置く場所さえ確保できれば工事費がかかりませんのでおすすめです。
また移転などの際もエアコンにあまりダメージを与えず移動先でもまたお使いいただくことが出来るのもおすすめです。

また天井はめ込み式カセット型はよく見られるエアコンで、一番メジャーなタイプです。
吹き出し方向も1方向・2方向・4方向とお選びいただけますのでお部屋の設置場所によりお選びいただくことが出来ます。

その他にも厨房用・工場用など特殊なエアコンも様々ございます。
用途により選んでいくと良いでしょう。

おすすめの業務用エアコンをお探しなら

業務用エアコンの形は様々ですが、業務用エアコン大阪府での設置場所に適した製品を新空調はピックアップしてくれます。

業務用エアコンのメンテナンス術

厨房に設置する業務用エアコンについて
夏の過酷な暑さを考えると、厨房には絶対に業務用エアコンが必要になります。厨房はどうしても火を使うことになりますので、熱源があり業務用エアコンがないと熱中症などになってしまう恐れがあります。

しかし、厨房の場合には一般の店舗やオフィスに設置する業務用エアコンでは対応出来ないケースがほとんどです。厨房に設置するのに適しているのは、油や熱、煙、錆などに対応しているものである必要があります。普通の業務用エアコンではすぐにフィルターがダメになってしまいます。

つまり、厨房に業務用エアコンを設置する場合には、耐油、耐錆性のあるものを選ぶのがおすすめということになります。普通の業務用エアコンでは油汚れなどによって汚れてしまう、錆るということが予測されます。厨房に設置する業務用エアコンの場合には、必ず価格だけで決めるのではなく油や錆に強いかどうかという点に着目して選ぶようにしてみましょう。そのような点に着目して選んで導入することで、夏の過酷な環境を乗り切ることが出来るでしょう。

機種や機能については、各メーカーのホームページの製品情報で確認することが出来ますので、チェックしてみましょう。

業務用エアコンの掃除を楽にするなら自動昇降機能
業務用エアコンの掃除をしようと思っても、なかなか出来ないなんてケース多いですよね。それは、業務用エアコンが高い位置についている場合が多いからです。高い場所についていると掃除するために、脚立を準備しなければならないですし、脚立を使っての作業は転倒の恐れもあるので、出来るだけ避けたいというのが本音でしょう。

そんな時に、便利なのが自動昇降機能がついているタイプの業務用エアコンです。この自動昇降機能とは、一定の高さまでフィルターが降りてくるので、とても掃除が楽です。脚立を使う必要もなく、簡単にフィルターの掃除をすることが出来ますよ。安全性という意味でも魅力的です。ぜひ、チェックしてみましょう。

業務用エアコンはフィルター掃除が重要
業務用エアコンを使用する際に、覚えておきたいポイントがあります。それが、フィルター掃除の重要性についてです。これを行うことで、清潔な状態を保つことが出来るという他、電気代の節約にもつながると言われています。逆に、何年も業務用エアコンのフィルターを掃除しないで放置していると、冷房や暖房の効きが悪くなるだけでなく、業務用エアコンの寿命を縮めてしまうということにもつながります。フィルターについては、専門の業者に依頼をするという事も出来ますが、自分で掃除をすることが出来るという場合が多いです。定期的にフィルターをチェックして汚れを綺麗に取り除いてみましょう。フィルター掃除はメリットがいっぱいです。

業務用エアコンを使う時には試運転が重要
業務用エアコンのトラブルが起きやすいのが、使用頻度が多くなる夏場です。夏の暑い時期に業務用エアコンが動かないと大変です。とくに、オフィスや店舗などで使用する場合には、業務効率の低下や売上の減少などにも繋がる恐れがあります。そのようなトラブルを防ぐためには、夏に使用する前に試運転を行い問題がないかどうかをチェックしておくようにするのがおすすめです。
ずっと使っていなくて、いきなり使うとトラブルが起きるという可能性が高まります。試運転を行い、問題がないことを確認してから使うようにしましょう。また、試運転時に何か問題があるという場合には、出来るだけ迅速に業者に見てもらうようにしましょう。